品川近視クリニックの遠視矯正について

品川近視クリニックの遠視矯正について


近視に比べると数の少ない遠視ですが、遠視は進行すると近視よりも厄介です。若い頃は目の調整力が働くので、近くはよく見えなくても遠くはよく見えるのですが、年齢とともに目の調整力が衰えて来ると近くも遠くもよく見えなくなってしまうからです。

そんな遠視ですが、適応条件さけ満たしていれば、問題なくレーシックで矯正が可能です。なぜなら、遠視の原因は、近視や乱視と同じで光の屈折異常だからです。レーザーで角膜を削ることで光の屈折率を調整して視力の回復を図るレーシックは、近視や乱視だけでなく、遠視の矯正も可能なのです。

子供の遠視はレーシックで矯正ができない


レーシックは基本的に18歳以上でなければ、施術を受けることができません。子供の遠視に悩む親御さんの中には、レーシックを受けさせて遠視の矯正をしてあげたいと思っている方も多いのですが、子供の頃にレーシックを受けると、その後に角膜が成長して、またピントが合わなくなってしまうことがあるからです。

重度の遠視の場合はフェイキックIOL


重度の遠視の場合、角膜をたくさん削らないとレーシックでも光の屈折率を調整できないことがあります。ただし、削ることができる角膜の厚みには限界があるので、重度の遠視で且つ角膜の厚みが足らない場合は、レーシックを受けることができません。このようなケースでは、眼内コンタクトレンズとも呼ばれるフェイキックIOLをオススメされるケースが多いです。レーシックと比べると費用は高いですが、安全性はフェイキックIOLの方が高いと言われています。