品川近視クリニックの円錐角膜の治療について

品川近視クリニックの円錐角膜の治療について


品川近視クリニックでは、円錐角膜の治療も可能です。基本的には、軽度の円錐角膜であればレーシックで視力の矯正が可能ですが、円錐角膜を患っている方の中には、レーシックを受けれない方もかなり多いです。このような方のために開発されたのが角膜イントラリングです。角膜イントラリングであれば、重度の角膜円錐の方でも視力の矯正が可能です。

角膜イントラリングとは?


角膜イントラリングとは、角膜の中に半円のリングを装着することで、角膜の形状を変えて視力の回復を図る施術のことです。角膜円錐を患っていると、視力の回復が必要なほど角膜を削ることができないケースが多いため、レーシックは適用外になってしまうことが多いですが、角膜を削る必要がない角膜イントラリングであれば、問題なく視力の矯正が可能のです。

フェイキックIOLでも角膜円錐の治療は可能


フェイキックIOLとは、眼内に小さなコンタクトレンズを装着することで視力を回復する施術です。この施術も角膜イントラリングと同様に角膜を削る必要がありませんので、重度の角膜円錐の方でも施術を受けて視力を回復させることができます。角膜イントラリングとフェイクキックIOLには、それぞれメリットとデメリットがあります。どちらの施術を受けるかは、医師とよく相談をして決めましょう。