品川近視クリニックのレーシックとフラップのずれについて

品川近視クリニックのレーシックとフラップのずれについて


レーシックは、レーザーで光の屈折率を変えるために角膜にフラップと呼ばれるフタを作りますが、このフタは強い衝撃を受けるとずれてしまうことがあります。フラップのずれは品川近視クリニックでレーシックを受けようと、他のクリニックでレーシックを受けようと、起きてしまう可能性はあります。

フラップのずれない術式を選ぶのもあり


レーシックにはいくつかの術式がありますが、その中でもエピレーシックとラゼックは術後にフラップがずれることがありません。この二つの術式は、角膜上皮のみを削ってフラップを作るため、術後に角膜が再生することで、フラップが自然と剥がれ落ちるようになっています。ボクシングやレスリングなどのように、顔面に強い衝撃を受けるスポーツをしている方は、エピレーシックかラゼックを受ける方が多いです。

フラップは簡単にずれない


特に顔面に強い衝撃を受けるようなスポーツをしている方でなければ、あえてエピレーシックやラゼックを選ぶ必要はありません。なぜなら、レーシックで作るフラップは我々が思っているほど簡単にはズレないからです。どこのレーシック医院でも、スポーツ選手だからという理由で、エピレーシックやラゼックを勧めているわけではありません。レーシックの術式はあくまでも医師とよく相談をして決めましょう。