品川近視クリニックの白内障の治療について

品川近視クリニックの白内障の治療について


品川近視クリニックでは、白内障の治療も可能です。白内障は近視や遠視と違い、光の屈折異常が原因ではありませんので、レーシックでは治療ができません。そのため、白内障手術では、まず濁った水晶体を摘出してから、そこに遠近両用眼内レンズを装着することで視力を矯正します。

老眼治療も一緒にできる


白内障は40歳を超えた方に多く発症します、この年齢になると老眼の症状も出て来るようになります。品川近視クリニックでは、白内障で且つ老眼でもある方のために、両方を同時に治療できる施術があります。同クリニックのおいては、もはや治せない目の症状はないでしょう。

レーシック後も白内障の手術は受けられる


品川近視クリニックでは、レーシックを受けた後に白内障を発症した場合でも白内障手術を受けることができます。一度レーシックを受けると、白内障手術に利用するレンズの度数を合わせるのが難しいと言われていますが、同クリニックでは、豊富な症例データに基づいた基準により、最適な度数のレンズを選ぶことができます。