品川近視クリニックの術後検査について

品川近視クリニックの術後検査について


品川近視クリニックでは、術後に全部で3回の検診が行われます。1回目がレーシックを受けた次の日、2回目が1週間後、3回目が1ヵ月後になります。

1回目の術後検診


1回目の術後検診はレーシックを受けた次の日に行われます。レーシックを受けた次の日は、眼に痛みが出たり、眼が充血することがあります。もし眼に異常が出た場合は、医師に相談をしましょう。1回目の術後検診で再度視力検査が行われます。術式にもよりますが、ほとんどの人は1.2もしくは1.5まで視力が回復しているはずです。

2回目の術後検診


2回目の術後検診は1週間後に行われます。レーシックを施術を受けた後で、一時的にドライアイになることがよくありますが、その症状などについてよく聞かれます。また、2回目の検診の際にも視力検査が行われ、この時点では一部の術式(ラゼック、エピレーシック)を除いて、最高値まで視力が回復しているはずです。

3回目の術後検診


3回目の術後検診は3ヵ月後に行われます。3回目の検診は、眼に異常がないことが前提に行われますので、この時点で視力の低下やドライアイなどの一過性の合併症がなければ、レーシックは成功したと言えます。

尚、眼に異常を感じた場合は、上記の3回の検診時以外にでも診察を受けることができます。少しでも気になる症状がある場合は、連絡をしてすぐに予約を入れましょう。