品川近視クリニックの乱視矯正について

品川近視クリニックの乱視矯正について


近視の人は乱視も併せ持っているケースが多いです。もちろん乱視のみの症状で悩んでいる人もいます。乱視の程度によっては、品川近視クリニックと言えども矯正ができない場合もありますが、軽度の乱視であれば問題なくレーシックで矯正はできます。

乱視がレーシックで矯正できる理由


乱視をレーシックで矯正できる理由は、乱視は近視と同じで光の屈折異常が原因で引き起こされているからです。レーシックはレーザーで角膜を削ることで、光の屈折率を調整して視力を矯正する施術ですが、乱視も近視も光の屈折異常という根本的な原因は同じなので、レーシックで視力の矯正が可能なのです。もちろん、乱視と近視を同時に矯正することもできます。

重度の乱視の場合はフェイキックIOLを勧められる場合も


軽度、中度の乱視であればレーシックで問題なく矯正ができますが、重度の乱視の場合はレーシックで視力の矯正ができないケースがあります。その場合でもフェイキックIOLなら矯正が可能なケースは多いです。フェイキックIOLとは、別名で眼内コンタクトレンズとも呼ばれており、眼内に小さなレンズを装着することで視力の回復を図ります。レンズの違和感もなく、術後の見え方はレーシックより明瞭だと言われていますが、費用がレーシックよりも高いのがデメリットです。